三菱倉庫株式会社新卒採用YouTube公式チャンネルで 会社紹介ドラマを公開中
事業内容 先輩の仕事 Q&A 採用フロー 総合職・地域職エントリー マイページ
TOP > 先輩の仕事 > 永野 剛正
先輩の仕事

永野 剛正

入社から現在までの仕事

(1) 輸入食品の保管・配送業務(1年)
(2) コンテナ船・在来船のプランニング業務(1年)
(3) TV用ガラスの輸出オペレーション業務、新規セールス業務(4年6ヶ月)
(4) 国際複合一貫輸送のオペレーション業務、新規セールス業務(1年)

今の仕事は?

ヨーロッパや北米からの輸出入商品の国際輸送に関する営業をしています。海上輸送を中心にDoor-to-Doorの一貫輸送のオペレーションを行っています。担当商品は、化学品・食品・機械等多岐にわたります。時には宇宙ステーションのような巨大貨物を輸送することもあります。

今の仕事のやりがいは?

お客様のリクエストを聞き、色々な可能性を考えながら最適な物流を提供していくことは自分のオリジナルを作り上げたという達成感があります。
例えば、ある商品を長野県の工場から横浜港を経由してLos Angeles港からChicagoの店舗まで輸送する場合、工場からの陸上輸送・輸出通関・船積み・海上輸送・現地での輸入通関・鉄道輸送・陸上輸送・店舗への納入まで、と輸送に関わるすべての手配を一貫して1人で行わなければなりません。
特に海外での手配では、現地の法律や慣習などの知識が必要となりますし、言葉の違う現地スタッフにも的確に指示をしなければなりませんから、リスクも予測しながら自分で描いたプランが1つ1つ実行されていくところに大きな使命感と喜びを感じます。

私の1日


9:00

メールチェック
海外から夜間に来たメールをチェック。この仕事で英語は必須です。


11:00

お客様を訪問
新しい案件の輸送方法のご提案。ここから全てが始まります。


12:00

昼食
今日は海外からの出張者とお寿司屋さんへ。


13:00

船会社とミーティング
最近の海上輸送の動向など、情報を入手します。


15:00

見積もり作成
色々な情報をもとに様々なパターンで作成します。


16:00

現地オフィスに貨物動向の確認
ドイツのオフィスがオープンしたので電話をかけます。


18:00

退社
同僚と軽く一杯。大切な情報交換のひとときです。

会社に入って最も嬉しかったことは?

初めての担当したプロジェクトで、イタリアからジェットコースターを国内のある遊園地まで輸送したことがあるのですが、オープン前の遊園地に何度も通いながら現場を確認し、なんとかオープン当日に間に合ったことは、とても印象深く覚えています。その後も人気アトラクションとして、テレビで紹介されていたりするのを見ると、そのたびに懐かしく思い出します。
他にも、サッカー場の人工芝をイギリスから運んだり、日本製の衣料品をアメリカに運んだり、電線を中東に運んだりと、街で見かける当たり前の物が世界の色々な国と関係しているんだなということを、物流の面から実感できるのは、この仕事をしていて良かったなと嬉しくなるひとときでもあります。

学生の皆さんへ

私もそうだったのですが、学生からみた「会社」とは本当に未知なもので、実際何をやっているのかもよく分からないまま「この仕事は楽しくなさそう」とか「この会社はダメかも」などと勝手に思い込んでいました。
皆さんにとって、就職活動は様々な業界や仕事を知ることができる良いチャンスだと思います。PCの世界だけではなく、実際に1つでも多くの会社を回って、自分に合う仕事を見つけてください。その中で、当社を選び私達と一緒に働くことができれば嬉しいなと思っています。

このページの上部へ
倉庫事業

港湾運送事業

国際輸送事業

不動産事業
Copyright (c) Mitsubishi Logistics Corporation All Rights Reserved.
個人情報保護方針 ご利用にあたって