三菱倉庫株式会社新卒採用YouTube公式チャンネルで 会社紹介ドラマを公開中
事業内容 先輩の仕事 Q&A 採用フロー 総合職・地域職エントリー マイページ
TOP > Q&A
Q&A

応募の際、物流や貿易に関する知識や資格が必要ですか?

特に必要ありません。「自分の仕事として、ぜひ物流に関わってみたい!」という熱意や興味があれば、特別な知識や資格がなくてもどんどん応募して下さい。
内定後には通関士(国家資格)や貿易実務検定といった通信教育を受講いただき、入社前に物流に関する知識を習得する制度もありますのでご安心下さい。

英語や他の語学力は重視されますか?

全ての仕事において外国語の能力が要求されるわけではありませんが、特に国際輸送事業の場合は、海外との連絡は基本的に英語で行われるので、ある程度の英会話能力は必要となります。また、今後の海外展開のなかで、色々な国の言葉が必要とされる場面もありますので、「自分の語学能力を活かして働きたい」という方には良いチャンスになると思います。

最初の配属後は、どのような仕事をしますか?

入社後の2年間は物流実務の研修期間として、物流の最前線である高機能倉庫・配送センターや、巨大コンテナ船が着岸するコンテナターミナルといった現場(営業所)に勤務し、実務を経験しながら知識やキャリアアップを図ることの出来るカリキュラムが用意されています。なお、みなさんが貨物を持ったり運んだりといった作業を行うことはありませんが、安全確保のために所定のユニフォームやヘルメット等の着用が義務付けられています。

教育研修制度はどんなものがありますか?

入社後の新入社員教育をはじめとする各キャリア別の能力開発研修や、管理職へのマネジメント研修のほか、英会話講習、通関士講習、各事業部門別の研修や通信教育制度等、社員1人ひとりの能力を伸ばす教育研修制度が準備されています。

海外研修制度はありますか?

若手社員に海外においてフォワーディング業務を修得させる「若年職員海外派遣プログラム」というプログラムがあります。入社後の2年間の現場研修を終了した社員には、この研修に参加する資格が与えられます。希望者のなかから毎年2名程度を選抜のうえ、海外現地法人で約2年間の研修を実施しています。

異動はどれくらいありますか?(総合職のみ)

人によって違いますが、入社後は配属となった支店(東京・横浜・名古屋・大阪・神戸・福岡)においてジョブ・ローテーションとして約5年間に2〜3回異動しながら色々な業務を経験することになります。また、その後も1年に1度行われる「自己申告制度」をもとに、本人の希望勤務地や希望業務を考慮しながら、他の支店や本社に勤務し、会社全般を視野に入れながら個々のスペシャリティを深く追求することのできる人材育成体系が用意されています。

独身寮・社宅について教えてください。(総合職のみ)

全国の支店(東京・横浜・名古屋・大阪・神戸・福岡)にそれぞれ独身寮と社宅が完備されていますので、転勤になった際にも住宅探しに困るということはなく、安心して働ける環境を用意しています。


このページの上部へ
Copyright (c) Mitsubishi Logistics Corporation All Rights Reserved.
個人情報保護方針 ご利用にあたって