HOME > CSR > お客様のために > 情報セキュリティマネジメント > 個人情報保護の具体的対策

情報セキュリティマネジメント

個人情報保護の具体的対策

個人のお客様を対象としている当社東京支店トランクルーム業務を例にした、具体的なシステム対策は次のとおりです。

1個人情報の管理体制
トランクルーム営業所長が「セキュリティ管理者」として、システムのセキュリティ管理全般について責任を持って業務を遂行しています。日常のシステム運用管理業務は、「セキュリティ管理者」が任命した「システム管理者」が担当しています。
2個人情報へのアクセス管理
不正アクセスの防止と早期発見を目的に、システムでアクセスログを収集しています。また、個人情報データへのアクセスが大量に発生した場合は、自動的に「セキュリティ管理者」と「システム管理者」に警告メールを発信する仕組みをとっています。
3アクセス制限
システムへのアクセスを権限のある担当者に限定するため、個人別にIDを付与し、厳格な管理を行っています。
4モバイル端末の対策
モバイル端末全てにUSBキーによるアクセス制限を実施しています。また、万一の紛失などに備えて、端末を移動する際には、端末からUSBキーを抜いて本体と別々に携行しています。
5バックアップテープの管理
データのバックアップ媒体は、当社施設で安全に保管しています。