HOME > CSR > 地球環境のために > 物流施設、不動産賃貸施設における環境負荷の抑制

物流施設、不動産賃貸施設における環境負荷の抑制

名古屋・飛島配送センターIBECによる認証でCASBEEランクA取得

2008年10月に竣工した名古屋・飛島配送センターは、免震構造、全フロア防塵仕様のクリーンな環境で、氷蓄熱空調システム、照度・人感センサー付照明システムなどを導入して使用電力を削減するなど、環境品質・性能と環境負荷低減に配慮した建物です。代表的なCASBEE評価認証機関であるIBEC((財)建築環境・省エネルギー機構の略称)からランクAの高い格付けを得ています。

※CASBEE(Comprehensive Assessment System for Building Environmental Efficency)
建築物総合環境性能評価システム

CASBEE建築評価認証書

建築物総合環境性能評価認証票

建物の緑化

自然との共生や環境保全のため、屋上緑化・壁面緑化に努めています。横浜ベイクォーターで設置した壁面緑化が、横浜市がヒートアイランド対策の一環として推進している壁面緑化コンテストで、完成度の高い緑化事例に与えられるデザイン賞を受賞しています。

2006年8月竣工時

2008年7月現在

太陽光発電システム

佐賀・鳥栖配送センターでは、太陽光発電システムを導入し、年間約5tのCO2排出量を削減しています。