HOME > CSR > CSRマネジメント > 特定保税承認制度への対応

特定保税承認制度への対応

特定保税承認者承認通知書

特定保税承認制度は、法令遵守などに関する一定の要件を満たした保税蔵置場または保税工場の管理者を「特定保税承認者」として承認し、保税蔵置場などの届出による設置など、手続の簡素化や、許可手数料の免除などの特例措置を適用するもので、国際物流におけるセキュリティの強化と効率化を目的とした日本版AEO制度の一環として2007年10月に導入されました。
当社は、2008年4月8日、東京税関長から、同制度における「特定保税承認者」の承認を受け、保税業務をはじめとした輸出入関連業務における法令遵守の取組みを一層強化し、お客様に安心してご利用いただける物流サービスの提供に努めています。

※AEO制度
AEO(Authorized Economic Operator)は、民間企業と税関のパートナ−シップを通じて、国際物流における安全確保と円滑化の両立を図る制度。