HOME > ニュースリリース > 神戸流通センター内に大型配送センターを建設 ― 新たな拠点で西日本の物流ニーズに対応 ―

ニュース

2017年2月7日

神戸流通センター内に大型配送センターを建設
― 新たな拠点で西日本の物流ニーズに対応 ―

概要

当社は、2月7日、神戸流通センター(兵庫県神戸市須磨区)において、「西神(せいしん)配送センター」の建設に着手しました。
同配送センターは医薬品、食品、日用品等の取扱いに対応した施設であり、当社は西日本の物流ニーズを的確に捉え、当地域における事業拡大を図ります。
当社は「災害に強いエコ倉庫」を各地で展開しており、同配送センターもこのコンセプトに基づき、自然災害対応と環境負荷低減に配慮した設計とします。

特長

  1. 1神戸淡路鳴門自動車道の布施畑インターチェンジに隣接し、西日本の配送拠点として最適の立地です。
  2. 2ランプウェイを設け、貨物の多頻度出荷に対応します。
  3. 3免震構造の採用、非常用発電機の設置によって地震等の自然災害への対応力を高め、災害時におけるお客様の事業継続を物流の面から支援します。
  4. 4太陽光発電設備(300kW)、全館LED照明を採用し、環境負荷の低減に努めます。

施設概要

名称・所在地   :三菱倉庫 西神(せいしん)配送センター
            兵庫県神戸市須磨区弥栄台(やさかだい)四丁目4番地1号他

敷地面積       :約55,900m2の一部

建物構造       :柱 鉄筋コンクリート造、梁 鉄骨造、4階建、免震構造

延床面積       :約60,500m2

設計施工費     :約83億円

施工期間       :着工 平成29年2月、竣工 平成30年3月(予定)

完成予想図

完成予想図

以  上

本ニュースリリースに関するお問合せ

広報室 臼田、木村
TEL:03-3278-6652