HOME > ニュースリリース > 2004年 > 上海にフォワーディング現地法人を設立

ニュース

2004年04月20日

上海にフォワーディング現地法人を設立

概要

三菱倉庫株式会社は、国際貨運代理現地法人「上海菱運国際貨運有限公司」(資本金100万ドル、当社出資比率50%。以下、上海菱運)の設立手続きを進めてきましたが、2月26日営業許可を得て、4月16日より業務を開始いたしました。
パートナーは、青島、威海地区における当社の代理店である遼寧恒太国際貨運有限公司(資本金148万ドル、大連市所在)です。

設立の目的

  1. 1 当社は、日本・中国間のフォワーディング事業について、北京、上海に駐在員事務所を、また厦門には香港現法の駐在員事務所を設置し、代理店を起用して行ってまいりましたが、更に積極的な事業展開を図り、お客様のニーズにあった迅速かつきめ細やかなサービスをご提供するため、上海に当社主導の合弁会社を設立しました(董事5名のうち3名に、また総経理、及び副総経理(2名の内1名)に当社職員が就任)。
  2. 2当面は、日系企業の進出が著しい華北・華東地域をターゲットとして、中国発着のフォワーディング事業を直接取扱い、引続き当社独自のネットワークの拡充・展開を目指します。

内容

事業内容
国際一貫輸送、中国での輸出入海貨取扱全般、及び物流コンサルティング
拠点展開
当面、上海でのフォワーディング事業を中心に開始しますが、順次、北京、大連、青島、天津、蘇州、南通、厦門等に事務所を設置し、上海菱運の拠点展開を図ります。

参考資料:中国物流ネットワーク

当社は、「機械化、情報化と配送力を装備した先端的な倉庫業をコア(中核)とし、陸運、港運、国際輸送を情報ネットワークにより有機的かつ総合的に運営し、高度な物流サービスを提供するグローバルなロジスティクス企業」の実現を目指しておりますが、上海菱運の設立により当社の国際輸送ネットワークがさらに強化されることとなります。
現地法人による当社の中国物流ネットワークは次の通りとなります。

地域別展開

華東地域
三菱商事株式会社と合弁の、倉庫会社である上海菱華倉儲服務有限公司(以下、上海菱華)、倉庫運輸会社である上海浦菱儲運有限公司(以下、上海浦菱)により配送センター・サービスを展開、特に上海浦菱は全国輸送ネットワークを構築しております。
上海菱運は当面、上海でのフォワーディング事業が中心となりますが、上海に留まることなく、順次、蘇州、南通、厦門等に拠点展開を進めます。
華北地域
三菱商事株式会社と合弁の倉庫運輸会社である北京環捷物流有限公司(以下、北京環捷)により、配送センター・サービスを展開しています。
上海菱運が順次、北京、大連、青島、天津等に拠点展開を進めます。
華南地域
広東省でのフォワーディング事業は、香港三菱倉庫会社(1984年設立)が深センを中心とするコンソリデーション・サービスの提供をはじめ幅広く積極的に展開しており、近々、東莞に事務所を開設する予定です。

航空貨物サービスの展開

香港では既に香港三菱倉庫が航空貨物を取扱っておりますが、今後は中国本土でも、代理店とのアライアンスを拡大、充実させ、一層のサービスレベルの向上を図ってまいります。

内国物流サービスの展開

北京環捷、上海菱華、上海浦菱を結ぶネットワークによる物流サービスを提供していますが、中国各地での配送センター・サービスの充実並びに強化のため、従来よりも一層機動的な営業活動を目指しています。

当社グループ中国物流ネットワーク

以上

本ニュースリリースに関するお問合せ

国際輸送事業部 古川
TEL:03-6705-6800
国際業務室 伊藤
TEL:03-6705-6840