HOME > ニュースリリース > 2005年 > アボットジャパン株式会社及び三菱倉庫株式会社の日本国内における 医薬品及び栄養剤の流通サービスに関する契約締結の件

ニュース

2005年09月14日

アボットジャパン株式会社及び三菱倉庫株式会社の日本国内における 医薬品及び栄養剤の流通サービスに関する契約締結の件

アボットジャパン株式会社と三菱倉庫株式会社は日本国内における医薬品及び栄養剤の流通サービスを2005年12月1日より開始する契約を締結いたしました。本契約は、アボットが将来にわたって医療用医薬品と栄養剤の独自の販路を拡張することを可能とするものです。なお、大日本製薬株式会社を通じて販売しているアボットの製品は、現時点での影響はございません。

「三菱倉庫株式会社は、現在、医薬品業界に於いて、有数の外資系及び内資系製薬会社の製品の物流を行っております。この新体制は、アボットが医薬品の卸売業者に対して最先端のサービスを提供することを可能とするでしょう。」とアボット ジャパン株式会社 代表取締役社長、ザヒール・ラフジは述べております。

アボットジャパン株式会社と三菱倉庫株式会社は、大阪市此花区と埼玉県八潮市に2物流拠点を設けます。三菱倉庫株式会社は22年以上にわたって医薬品物流を手がけており、その効率性と迅速な配送で定評があります。「今回の契約の重要な点は、当社が長年に亘り培ってきた医薬品物流業務の経験と品質が高く評価されたことです。ロジスティクス業務を通じてアボット社の更なる発展に貢献していくという、私達の使命をしっかりと果たしていく所存です。」と三菱倉庫株式会社 代表取締役社長、番 尚志は述べています。

アボット・ラボラトリーズについて

  • アボットは、広範囲のヘルスケアに基盤を置く世界的規模の会社であり、新薬の研究、開発、製造を行うのみならず医療用医薬品や、栄養剤、医療用機械器具、医療用計測器、診断薬の分野に於ける販売とマーケティングも精力的に展開している。
  • 総従業員数 60,000 人、130ヶ国で営業活動を展開している。
  • 日本国内では、従業員数 1,900 人、製造及び開発ならびに医療用医薬品、栄養剤、医療用機械器具、医療用計測器、診断薬の販売とマーケティングを行っている。
  • 東京、大阪、福井、松戸に拠点を置く。

三菱倉庫株式会社について

  • 三菱倉庫株式会社は業界の最大手として全国主要港、都市周辺の交通の要衝に高機能配送センターを擁する物流機能を配している。
    倉庫事業を中核として陸運、港運、国際輸送等を情報通信の活用により、グローバルに高度なロジスティクス・サービスを提供している。
  • 現在、医薬品配送センターについては、全国で20社の医療関連会社と契約し27センターで運営を行っている。

以上

本ニュースリリースに関するお問合せ

アボットジャパン株式会社
医薬品事業部広報部マネージャー 野村 律子
大阪市中央区城見2-2-53 大阪東京海上日動ビル
電話:070-6409-8502  FAX:06-6942-8721
E-mail: ritsuko.nomura@abbott.com
三菱倉庫(株)
倉庫事業部医薬品チームマネジャー 西川 浩司
東京都中央区新川1-28-25 東京ダイヤビルディング3号館
電話:03-6705-6610  FAX:03-6705-6614