HOME > ニュースリリース > 2005年 > 大阪・桜島2号配送センターの増築施設が竣工−国土交通省の「総合効率化計画」認定第1号−

ニュース

2005年10月20日

大阪・桜島2号配送センターの増築施設が竣工
−国土交通省の「総合効率化計画」認定第1号−

当社桜島営業所(大阪市此花区)において昨年12月に着工した桜島2号配送センターの増築施設が竣工の運びとなり、来る11月1日から稼働することとなりました。

当社は、平成9年、交通アクセスの良い桜島営業所を都市型配送センターとして再開発(S&B)することを計画し、翌10年に第1期工事(1号配送センター・延床面積29千m2)、15年に第2期工事(2号配送センター・同16千m2)を完了しました。
以来、同営業所は、当社の主要な営業分野である医薬品、食品、日用品の取扱いを中心とする近畿圏の中核施設として稼働していますが、医薬品業務などで引続き需要の拡大が見込まれますので、このたび第3期工事として、下記のとおり2号配送センターを増築しました。

増築した新棟(2号北棟)は、既存棟(2号南棟)と同様、全フロア医薬品仕様の配送センターで、医薬品の保管・配送を一体的に取り扱います。複数のお客様の共同配送等、物流効率化を推進し、環境負荷を低減する計画を策定しました。この計画は、去る10月1日付で施行された物流総合効率化法に規定される「総合効率化計画」の認定を受けました。

当社は、これからも多くのお客様に、より効率的で質の高い物流サービスを提供すべく、引続き倉庫施設、輸配送体制、情報システム等の充実に努めてまいります。

  

施設概要

名称・所在地 三菱倉庫桜島2号配送センター北棟
大阪市此花区桜島3-4-20
(臨港地区、阪神高速ユニバーサルシティICから約1km)
構造・規模 延床面積14,300m2、うち倉庫面積13,200m2(4,000坪)
設備の特徴 全床防塵仕様、定温庫・保冷庫併設
情報システム概要 倉庫業務管理システム、医薬品配送センターシステム、
自動配車システム、GPS車両運行管理システム
備考 各フロア、既存の2号配送センター「南棟」(5階建・延床16,300m2 / 倉庫15,500m2)と一体的利用が可能

周辺図

以上

本ニュースリリースに関するお問合せ

倉庫事業部 前川、江藤
TEL:03-6705-6611