HOME > ニュースリリース > 2007年 > 名古屋・飛島地区に大型配送センターを建設− 新たな事業拠点で中部経済圏の物流ニーズに対応 −

ニュース

2007年09月26日

名古屋・飛島地区に大型配送センターを建設
− 新たな事業拠点で中部経済圏の物流ニーズに対応 −

概要

当社は、このたび愛知県海部郡飛島村で「飛島配送センター」の建設に着手しました。同センターは、老朽化した大江倉庫(名古屋市港区大江町)の代替施設として建設するもので、竣工は2008(平20)年10月の予定です。大江倉庫の業務を継承するほか、活況が続く中部経済圏の物流ニーズを的確に捉え、当地域における事業拡大を図ります。

特長

  1. 1交通至便の好立地
    先進的な港湾施設が整備される飛島埠頭に隣接し、また、伊勢湾岸自動車道の飛島インターチェンジから約2分の至近に位置することから、輸出入貨物の基地及び国内の配送拠点として最適の立地です。
  2. 2規模、機能
    5階建・床面積約27,400m2の規模を有し、全フロア防塵仕様の衛生的な保管環境と、定温庫、燻蒸庫、流通加工場等を備え、経験豊富なスタッフが、お客様個々のニーズに応じて、保管、配送、流通加工等のサービスを一体的に提供します。また、同敷地内に、野積倉庫及び海上コンテナ取扱施設(バンプール)を併設します。
  3. 3免震構造
    高減衰積層ゴムとオイルダンパーによる免震構造を採用します。
  4. 4環境対策
    夜間電力利用の氷蓄熱空調システムや、照度センサー・人感センサーを利用した照明システムの採用等により使用電力を節減するなど、地球環境保全に配慮します。また、お客様と一体となって物流効率化を推進することにより、CO2の排出削減に努めます。

施設概要

名称・所在地 三菱倉庫 飛島配送センター
愛知県海部郡飛島村木場2-67
(伊勢湾岸自動車道「飛島インターチェンジ」から約2分)
敷地面積 約56,200m2(借地約2,500m2を含む)
構造・規模 鉄筋コンクリート造5階建
延床面積約31,400m2、うち倉庫面積約27,400m2
設備の特徴 免震構造、全床防塵、定温庫(約6,500m2)、燻蒸庫(約400m2)、野積倉庫(約3,300m2)、コンテナ取扱施設(約27,700m2)、氷蓄熱空調システム、照度・人感センサー付照明システム、ピアー型トラックバース
施工期間 着工 平成19年9月、竣工 平成20年10月
総投資額 約64億円
(内、土地約27億円、倉庫約34億円、コンテナ施設約3億円)

完成予想図

以上

本ニュースリリースに関するお問合せ

広報室 吉本、神部(かんべ)
TEL:03-6705-6514