HOME > ニュースリリース > 2008年 > サプライチェーンにおける海上貨物追跡タグシステム(MATTS)の実証実験に協力

ニュース

2008年08月01日

サプライチェーンにおける海上貨物追跡タグシステム(MATTS)の実証実験に協力

米国国土安全保障省(DHS)において開発が進められている海上貨物追跡タグシステム(Marine Asset Tag Tracking System : MATTS)について、サプライチェーンにおける実用性検証のため、日本−米国間の海上コンテナ貨物の輸送について行われる実証実験に、当社はフォワーダーとして協力します。

MATTSはDHSの総合的な貨物安全戦略の一部として開発中の地球規模の通信および追跡を遠隔操作により可能にするデバイスです。MATTSはサプライチェーン上の多数のポイントから無線LAN、携帯通信網、衛星無線網など複数の通信プロトコルを用いてコンテナの状況や位置をリアルタイムで送信することにより、総合的な輸送におけるその他のニーズにも応用することが可能です。

本実験は、日米科学技術協力協定における日米安全安心科学技術協力イニシアティブのもと、DHSの要請に基づき国土交通省港湾局が支援して実施しているものであり、昨年は基礎的な輸送実証実験が横浜港発で行われています。

今年の実験では、サプライチェーンへの適用をより重視し、日本国内の拠点から米国内陸部の拠点までDoor to Doorの追跡実験が行われるほか、荷主、フォワーダー、荷受人企業が参加し、SCMとしての有効性の確認が行われます。

1実験概要
MATTS通信機器を取り付けたコンテナを日本企業の国内事業所から米国内拠点まで輸送、サプライチェーン上での貨物ロケーションを追跡する。
2輸送概要
トピー工業株式会社 様 綾瀬製造所
  • 横浜港Maerskターミナル
  • 米国ロサンゼルス港Maerskターミナル
  • トピー アメリカ, INC. 様(イリノイ州)
3実験期間
7月26日のシップメント(横浜港APLターミナル)から順次開始

以上

本ニュースリリースに関するお問合せ

広報室 吉本
TEL:03-6705-6514