HOME > ニュースリリース > 2012年 > 大阪・大東に象印マホービン株式会社向け配送センターを建設−災害に強いエコ倉庫として、西日本物流拠点の機能強化をサポート−

ニュース

2012年03月28日

大阪・大東に象印マホービン株式会社向け配送センターを建設
−災害に強いエコ倉庫として、西日本物流拠点の機能強化をサポート−

大東配送センターの建設に着手

当社は、3月28日、大阪府大東市において象印マホービン株式会社の配送センター業務を取り扱う「大東配送センター」の建設に着手しました。当社は、同社のロジスティクスパートナーとして、同社貨物の取扱増加と在庫の集約に対応するため、既存施設を高機能施設に建て替えることといたしました。当社情報システムも活用し、配送センター機能を充実させます。また、地球環境に対応するとともに、耐震性能の強化により災害時の事業継続にも寄与できるものと考えております。
当社は、引き続き、同社のサプライチェーン・マネジメントの最適化に貢献できるよう努力して参ります。

特長

  1. 1近畿自動車道大東鶴見ICから約2km、門真ICから約3kmという好立地に位置し、配送センター拠点として最適です。
  2. 285kWの太陽光発電設備の設置や、LED照明の設置など、「エコ倉庫」として高い環境性能を有しています。
  3. 3建築基準を上回る耐震構造の採用など、地震等の自然災害に対して、高い防災能力を有しています。
  4. 4耐震性能、耐火性能に十分配慮しつつ、庫内隔壁を極力減らすなど、配送センターとして最大限の能力を発揮できるよう設計しています。

施設概要

名称・所在地 大東配送センター
大阪府大東市御領二丁目
建物構造 柱:鉄骨鉄筋コンクリート造、梁:鉄骨造、5階建
延床面積 約11,500m2
設備の特徴 太陽光発電(85kW)、LED照明設置、全床防塵仕様
建設工事費等 約12億円
施工期間 着工 平成24年3月、竣工 平成24年12月

以上

本ニュースリリースに関するお問合せ

広報室 吉本、篠原
TEL:03-6705-6514