お客様のサプライチェーンを支える責任ある仕事です。

松岡 咲希

国際輸送事業部 航空貨物チーム/9年目

今までの経歴
1年目~神戸支店新港営業所輸入品の保管・配送業務
2年目~神戸支店六甲冷蔵営業所輸入食品の保管・配送業務
3年目~神戸支店国際輸送事業課海上輸送の輸出オペレーション業務
4年目~大阪支店桜島第一営業所動物用医薬品の保管・配送業務
5年目~大阪支店倉庫事業第一課輸入紙の保管・配送業務
6年目~上海菱運国際貨運有限公司(海外派遣プログラム)
8年目~国際輸送事業課航空貨物チーム航空輸送の輸出オペレーション業務、新規セールス業務
現在の仕事
  • 航空貨物の輸出フォワーディング

(引取・梱包・輸出申告・航空輸送・輸出国での輸入申告・納品までの手配)

仕事内容

日本で取れた生鮮食品を、飛行機で海外へ輸出するお客様の営業を担当しています。海外の方に日本の食材を美味しく安全に召し上がっていただくため、鮮度を保持できる梱包の使用や、スピード感のある輸送スケジュール、お客様それぞれのビジネスに見合うサービスやコストなど、様々な提案を行っています。

この仕事をしていてよかった!と思う瞬間

お客様に喜んでいただけた瞬間です。お客様からの問い合わせや依頼内容は多岐にわたります。ときには私が初めて取り組むような案件もありますが、それぞれのお客様のニーズに合った最適な提案ができるよう、経験豊富な社内外の様々な方々にアドバイスをいただきながら、試行錯誤します。お客様にとって大切な商品をお預かりさせていただくので、その都度どのような輸送サービスが最適なのか、緊張感を持って取り組んでいます。その結果、お客様のビジネスが上手くいったと喜んでいただけたときは非常に嬉しく思います。

毎日心がけていること

的確な状況把握です。航空貨物はスピード輸送が求められる商品が多いですが、国によって申告手続きや商品による規則が異なる場合があるため、その都度最新状況を確認してから引き受けるようにしています。緊急の場合でも事前の確認を怠ると、輸送開始後に大きなトラブルにつながる恐れがあり、迅速に最新の情報を把握することがとても重要です。

仕事をする上でのマイルール

現場主義です。なるべく現場に赴き、作業の立会いを行うようにしています。一方的な手配とならないように、実際に作業の様子を見て手配に問題がないか、改善できるところがないか定期的に確認をするよう心がけています。現場を把握することで、お客様とも社内外関連各所とも気持ち良く働ける環境づくりを築いていきたいと思っています。

今後の仕事の目標

物流業界もIoTともはや無縁の世界ではなくなり、日々新しい運送技術やサービスが開発されています。お客様の様々なニーズに的確に応えるため、私たちも更なるサービスレベルの向上を目指す必要があります。今あるサービスを利用するだけでなく、今後は新しいソリューションを備えたロジスティクスサービスを提供できるようになりたいです。

1日のスケジュール

8:30
出社。担当顧客の輸送動向をチェック。
9:00
お客様への提案資料や見積もりの作成。
10:30
営業会議。営業状況の報告や取組内容の情報共有をします。
12:00
昼食休憩。
13:00
お客様のオフィスを訪問。打合せを行います。
15:00
成田地区上屋での貨物搬入と梱包作業の立会い。直接作業員の方と意見を交換できる貴重な時間です。
18:00
当日中に取り組まなければならない業務がないことを確認して退社。

学生のみなさんへメッセージ

就職活動中思い通りにいかず歯がゆい思いをすることもありましたが、今振り返ってみると普段接する機会のなかった業界の方とお会いできたり、自分自身を見つめ直す良い時期になったと思います。緊張や不安を抱えることもあると思いますが、身体に気をつけてぜひ頑張ってください。