HOME > サービス > 物流・在庫管理サービス > メニューから探す > 港湾運送 > 横浜南本牧ターミナル

港湾運送 横浜南本牧ターミナル

APMターミナルズジャパン株式会社が借受けている日本最大級のコンテナターミナル・『横浜南本牧MC-1・2ターミナル』において、当社はコンテナ貨物取扱業務を一括して引受けています。

ターミナル概要
ターミナル面積 350,000m2
岸壁延長 750m
水深 -16m
ガントリークレーン 6基(スーパーガントリークレーン)
コンテナ蔵置能力 1万8千TEU

ゲートオープン時間
  ゲートオープン時間 延長時間
平日 08:30〜16:30 〜20:00 ※
土曜 08:30〜11:30、13:00〜15:00  
日・祝日 原則休業  
国土交通省コンテナターミナルゲート効率化モデル事業

国土交通省海事局は、港湾物流効率化の一環として364日・24時間のコンテナヤードのフルオープン化を港運・船社・荷主・港湾関係者・関係行政機関の協力のもとに推進しています。
当ターミナルでは、フルオープン化へ向けゲートオープン時間延長のトライアルに協力しています。
また、本船荷役作業では、すでに、元日を除く年末年始期間(12月31日〜1月4日)での作業実施が可能となっています。

本船荷役

高速・ツインリフト(20'コンテナ2個同時吊り)の活用などで、荷役能率は、世界屈指のレベルを誇っています

コントロールセンター

ターミナル内全ての本船荷役・ヤード作業などは、コントロールセンターで一元管理を行っており、安全且つ効率的なコンテナターミナルオペレーションを実現しています。

ゲート作業

コンテナの搬出入を行うゲートでは、センサーやカメラ技術を応用し、ブースレス化を実現。ゲートインから、ゲートアウトまでの平均時間は、30分以内です。

ドキュメント

輸出入コンテナに係る書類などの受渡しを迅速に行っています。

コンテナヤード

輸出入の様々なコンテナを効率良く保管、管理しています。

冷凍コンテナ

冷凍コンテナ用電源プラグ1,164口
コンテナの温度管理の他、冷凍機の動作確認、メンテナンス作業を実施。

動植検、税関検査など

伝染病や、有害な虫などの侵入を防止するための貨物に対する検査、また、密輸取締などの税関検査が行われています。

ターミナルシステム

ターミナルシステムは、当社で開発したACTIS(Advanced Container Terminal Information System)を使用しています。ACTISは、

  1. 1本船プランニング、ヤードプランニング、ヤードオペレーション、CFS業務
  2. 2ブースレスゲートシステム
  3. 3ドキュメントシステム

の3つで構成され、その他、請求書作成 / 統計資料作成機能もPCベースへのダウンロード機能も持ち合わせています。

CFS(コンテナフレートステーション)

小口貨物のコンテナからの取出し(輸入)、積込み(輸出)並びに同貨物の保管業務などを行っています。