三菱倉庫

  • 文字サイズの変更方法
  • お問合せ
  • サイトマップ
  • Global

「DP-Cool」の配送エリアを沖縄に拡大
― GDP対応の医薬品保冷配送サービスを北海道から沖縄まで全国展開 ―

2021年1月28日

当社は、このたび、医薬品の流通過程における品質管理基準「Good Distribution Practice」(以下、GDP)に対応した医薬品保冷配送サービス「DP-Cool」の配送エリアを沖縄に拡大することを決定いたしました。
本年夏までに、医薬品専用の海上コンテナ「DP-Coolコンテナ」を沖縄向け保冷医薬品の輸送に投入し、沖縄向けのサービスを開始する予定です。
DP-Coolは、当社が医薬品専門の運送子会社であるDPネットワーク(株)とともに展開している医薬品保冷配送サービスで、現在、北海道、本州、四国、九州の各エリアで医薬品メーカー様をはじめとする多くのお客様にご利用いただいています。「DP-Coolコンテナ」による沖縄への配送体制が整うことで、GDP対応の医薬品保冷配送サービスを北海道から沖縄まで全国にご提供できることとなります。
当社は、引き続きDPネットワーク(株)、提携の運送会社各社とともにGDPに対応した物流サービスの拡大と品質向上に取り組み、医薬品の安定供給に貢献します。

DP-Coolについて

本サービスは、2018年12月に厚生労働省から発出された「医薬品の適正流通(GDP)ガイドライン」に対応した医薬品保冷配送サービスです。主な特長は次のとおりです。

  1. 1保冷医薬品(2~8℃)をDPネットワーク(株)の配送拠点から医薬品卸会社様へ直接配送することで、輸送途上の積替え回数を減らし、温度異常のリスクを低減しています。
    DPネットワーク(株)の各配送拠点は、保冷施設に直結したドックシェルターを完備しています。
  2. 2配送拠点や医薬品専用車両、海上輸送コンテナについては、保冷施設内や荷物室内の温度分布調査をはじめとするバリデーションを実施し、温度管理機能の適格性を確認しています。
  3. 3DPネットワーク(株)の温度モニタリング・トレーサビリティ・センターが輸送途上の温度を監視し、記録を保存します。
  4. 4医薬品輸送に関する教育訓練・認定システムにより、従事者への教育訓練を実施しています。また、教育訓練の有効性を定期的に評価し、結果を記録しています。

以 上

(DPネットワークのホームページはこちら

〔関連トピック〕

  1. 新たな医薬品保冷配送サービスの構築に着手(2015年8月19日)
  2. 医薬品専門の運送子会社を設立(2011年9月30日)

〔関連サービス〕

  1. 医薬品・医療機器・治験薬等の物流

本ニュースリリースに関するお問合せ

広報室 臼田、前川
TEL:03-3278-6652

ページの上部へ