HOME > ニュースリリース > 2005年 > 深センにCEPA現法設立−フォワーディング、国内物流を開始−

ニュース

2005年07月12日

深センにCEPA現法設立
−フォワーディング、国内物流を開始−

概要

CEPA(中国・香港経済貿易緊密化協定)を利用して当社の香港子会社が全額出資し、深セン市塩田保税区に保税倉庫運営とフォワーダー業務を行う「菱陽国際貨運代理(深セン)有限公司(以下、菱陽)」を設立し、7月1日より営業開始しました。
2年後(2007年度)の売上高は1.5億円程度となる見込みです。

目的

深センで、バイヤーズ・コンソリデーション(買主が現地複数売主から買い付けた商品を取り纏めて輸出するコンテナ混載サービス)をはじめ、NVO、輸出海貨について柔軟なサービスを提供します。
また、広東省全域でVMI(Vendor Managed Inventory)をはじめとする輸入、及び国内物流関連の各種サービスにも対応します。

今後の展開

  1. 1引続き、広州市南沙地区に事務所を開設する予定です。
  2. 2また、早急に陸運免許も取得し、広東省をはじめ華南地域での運送サービス網を構築します。
  3. 3塩田物流園区にも進出予定です。

その他の中国現地法人によるフォワーディング展開

  1. 1華東、華北では上海菱運国際貨運有限公司が順次ネットワークを拡充しながら展開しています。
    現在の拠点および設置を予定している拠点は次の通りです。
    • 現在の拠点:上海、北京、南通、厦門
    • 設置を予定している拠点:青島、大連、蘇州、天津、杭州、寧波、成都
  2. 2華南地区では菱陽と香港三菱倉庫会社(以下、MLH)が連携し、お客様のニーズに沿った最適なサービス提供を行います。
    香港ではMLHが航空貨物を含めて総合物流サービスを提供しています。

菱陽の概要

社名 菱陽国際貨運代理(深セン)有限公司
(SHENZHEN LINGYANG GLOBAL FORWARDING CO., LTD.)
所在地 中国広東省深セン市塩田区塩田港保税区南片区深セン嘉里塩田港物流中心317号室
営業種目 保税倉庫業及び国際貨運代理業
資本金 65万米ドル
連絡先 山口総経理(TEL:86-755-2528-1706 内線108)

以上

本ニュースリリースに関するお問合せ

国際輸送事業部 八幡
TEL:03-6705-6800
国際業務室 高田
TEL:03-6705-6840