HOME > ニュースリリース > 2008年 > 三菱自動車オランダ生産子会社よりLLSP業務を受託

ニュース

2008年09月10日

三菱自動車オランダ生産子会社よりLLSP業務を受託

三菱倉庫グループは、三菱自動車のオランダ生産子会社であるNetherlands Car B.V.社(以下NedCar)より同社が本年8月より本格生産を稼動するアウトランダー用ノックダウン部品の納入管理に係るLLSP業務を受託し、業務を開始した。(LLSPとはLead Logistics Service Providerの略で、様々な物流業者をコントロールし、顧客に代わり顧客の利益が最大となるよう物流プロセスを組立て、管理を行う物流業者である。)

三菱自動車が欧州向けアウトランダーの生産の相当数を日本からオランダボーン市のNedCarに移管することに伴い、本邦より大量のノックダウン部品の現地工場向け輸送が発生する。厳格な定時輸送が求められるノックダウン部品においては、輸送工程とコンテナの序列納入(生産とシンクロした納入)を総合的に管理するLLSP機能が必要との判断で、NedCarはその機能を果たすLLSPを選定し、欧州三菱倉庫(本社:オランダロッテルダム市)の起用を決定した。業務内容は、定められた納入予定データと出荷情報入手から始まり、複数の船社による海上輸送、ロッテルダム港から現地バージターミナルまでの内陸河川輸送、および工場へのトラック輸送を一括して管理する業務で、更にリターナブルラックの返却管理業務も担当する。また、荒天や様々な輸送環境変化に対応するため、緊急輸送手配も考慮した取扱体制をとっている。1日に約50コンテナの納入指示を行うにあたり、システム面では顧客とのEDI接続により出荷情報等を取り込み、自社進捗管理システムにより序列納入手配を行うサポート体制も構築した。

受託の背景には、予ねてより取扱っている欧州およびアジアからの三菱自動車名古屋製作所・水島製作所向け輸入調達部品のLLSP業務実績が挙げられる。部品引取から海上・航空一貫輸送、JIT納入までの業務を行っており、輸送進捗管理システムによる出荷・輸送・保管・納入の可視化されたサービスを提供している。一部の業務については三菱倉庫作製の専用エンジンラックも供給しており、自動車部品輸送が求めるノウハウの蓄積が今回の受託に寄与した。また、アウトランダー生産ライン用の溶接治具・金型等の設備機器についても、本邦での梱包からNedCarへの納入までの一貫輸送サービスを行った。

更に欧州三菱倉庫は上記ノックダウン部品以外でも、欧州域内での調達部品輸送においてNedCarとの協力体制構築を図っており、現地での同社域内物流について全面的にサポートを行うことにより現地での新規業務獲得を目指している。また、三菱倉庫グループは、LLSP業務を他の地域および新規顧客に展開し、現地業務の強化を図る。

以上

本ニュースリリースに関するお問合せ

広報室 吉本
TEL:03-6705-6514